忍者ブログ
ザトップの日常坐臥
 250 |  249 |  248 |  247 |  246 |  245 |  244 |  243 |  242 |  241 |  240 |
Posted : 2017/12/16 01:02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted : 2011/01/23 15:39
ぞうさんて、どのくらい生きる動物なのか、ご存知ですか?ぞうにもよるのだろうけど、武蔵野市にある井の頭自然文化園にいるアジアゾウの「はな子」は、なんと国内最高齢で今月、64歳になったのだそう。過去の最高齢は65歳だそうですから、あと2年頑張れば記録更新になるのですね~。はな子のために、井の頭自然文化園では29日に誕生会を開くようですよ。誕生会では、バナナやリンゴなどで作ったケーキがプレゼントされる予定のようで、はな子にとっても嬉しい一日となりそうですね。ちなみにこのぞうさん、昭和24年にタイから上野動物園に来園したのだそうで、昭和29年からは井の頭自然文化園で飼育されているのだそう。おばあちゃんのぞうさんですが、今も食欲は旺盛だそうで、健康上の問題もないとのことで、記録更新になりそうな予感ですね。過去10年以上はな子のお世話を担当している飼育員の山川宏治さんは、はな子は食事や運動量も適度で、心の面でも健やかな状態を保っている、死をみとるつもりだったが、自分が先に定年を迎えることになりそうだと話してるいるそう。確かに!はな子は戦後初めて日本に来たぞうということで、はな子を見に来る来園者の中には、祖父母から孫の3世代にわたるファンもいらっしゃるのだとか。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報への思い
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin / Write / Res
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[04/28 ひかる]
[04/23 田中洌]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ザトップの日常坐臥  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]